さて、本日1/16から「pip pup gii」100枚限定新パッケージリマスター盤の販売をスタートしました。
昼、レトロ印刷さんからブツが届く。
 IMG_20150116_0002
今回、ハトロン紙という、紙フェチにはたまらない、裏側の透けっぷりが素敵な白い、ツルツルあんどザラザラの特殊な面白い紙を選びました。カラフルな色が透けて見える効果も面白いんだが、今回は渋く、ツルツル面を金色1色、
IMG_20150116_0003

ザラザラ面を黒1色 という遊び抑えめのやりすぎない感じで設計しました。
真っ白面に金色のみで歌詞が羅列印刷されているだけなら確かにジャケットビジュアルとしては寂しすぎるかもしれないが、裏側の黒が透けているかんじがハトロン紙だからこその奥行きを感じさせるだろうと見込んでそうした。pip pup gii というアルバムタイトルとsuppa micro pamchoppの手書き白抜きの文字を逆さにレイアウトしたことで、うっすらと読めなくもないくらいがいいと思った。
IMG_5750
光に透かすとほら、こんな風にタイトルとわたしの福顔が浮かび上がるというわけだ。顔の表情は計算してたより読み取れなかったがそれもまあ都合がいい。
このB5サイズのハトロン紙を、半分に折り、更に正方形になるよう下部を裏へ折り込む。CDは上品かつ最小サイズのソフトケースに入れ、それをハトロン紙で包み込み、更に丈夫かつジャストサイズの透明ポケットへ。仕上げに金色の上質な紙の棒?を表に斜めに忍び込ませて、完成。。
IMG_20150116_0006
こちらが表。
IMG_20150116_0005
こちらが裏。
折り返された部分は13曲の曲目とクレジット系情報や口座番号・電話番号・メールアドレス・値段に加えて、注目して欲しいのは指紋も押してあるとこだ。これ、新しくない?
IMG_5755
金色の異物は真っ直ぐだとはかぎらない。
この金色の異物になんの意味があるのか?ときかれても素晴らしい答えの用意はないが、
ちょっとモノとしてぼこっとして、ないよりあった方が綺麗だし嬉しい気がするから というかんじです。

IMG_5757
全ての歌詞を見るには透明ポケットから出して新聞のように拡げないといけないが、7割りくらいは拡げずとも読むことができる便利さ、それでいて気持ちのいい見かけになるならば大成功だろうと考えていたので、自分ではなかなか気に入っている。
前回の「わたしはオルガン」のパッケージデザインもかなり頭使って工夫して、面白いものにできている自負があるが、組み立てにかかる時間は相当であるので、今回は値段を1500円とお手頃に抑えて、その分、組み立ての手間が「わたしはオルガン」よりも前「ピップパップギー」手書きパッケージver.よりもかからないようにデザインできてるところが素晴らしい(自画自賛)。
単品注文だと送料込みで1600円です。
が、もし、まだ「わたしはオルガン」も「ピップパップギー」も両アルバムともゲットしてなくて、なおかつ興味はとてもある、、というような方には、
IMG_5760
【レコード水越ALBUM&POSTCARDフルセット】
のキャンペーンも設けてます。このフルセットでご注文いただくと、suppa micro pamchopp「わたしはオルガン」と「pip pup gii」にオリジナルポストカード5枚がついて送料込みとサービスしさせていただき、4000円にしちゃいます。このセットの申し込みで一夜にしてスッパマニアに変身できちゃう(笑)
振込払いの場合、翌給料日払いか、翌々給料日払いでも結構です。注文メールを確認し次第先に商品は発送するサービスをしてます。
IMG_5759
なおかつ、今ならセットでもセットでなくとも、上に写っている、レコード水越がデザインした神楽坂の楽しいノイズスナックnotremusiqueのショップカードも同封してます。
ぜひぜひ、セットでも単品でも、ご興味あればご注文ください。
suppasuppa@gmail.comまで。
東京の、国分寺駅前・一橋学園駅前・花小金井駅前まででしたら、いつでもメッセージ確認後20分で出張販売もできます。遠慮なくお呼びつけください^^

ミックステープを聴いてもらえることも嬉しいけれど、やはりどうしても一番聴いて欲しいのはなんといっても自分のオリジナルアルバムです。
わたしが作る音には必ず"提案"があります。音を楽しむ人全てに対しての。 それは何年も発見されない類いのものかもしれなくて、そういう部分を人は”不思議”と感じるのかもしれません。